So-net無料ブログ作成
検索選択

障がい者就労促進プロジェクトでの講演 [高次脳_講演・社会活動]

2011年10月、北原脳神経外科病院主催、南多摩地域地域リハビリテーション支援センター後援の「障がい者就労促進プロジェクト」で講演しました。
当日は50人以上のリハスタッフや就労支援関係者が参加。
聴講者が医療従事者や就労支援専門の方が多かったので、口から心臓が出そうなほどかなり緊張モード。
でもよくよく考えたらみなさん障害のこと詳しい方々なので、あそこまで緊張する必要もなかったなと今になって思ってます。
先に障害者就業・社会支援センターのセンター長の方が講演し、僕はそのあとに40分ほど講演。

緊張の中、無事に講演終了。終わった時は正直、立っているのもきついくらいの何とも言えない感覚と、さわやか感に包まれました。

そして後日、病院から35人の方からのアンケート回答を頂きました。

アンケート.jpg

正直とても嬉しかったです。
ちょっと大げさかもしれないけど、ここまで3年ちょっと心底大変だったけど、やってこれてよかったなと思えた瞬間であり、受傷後、自分がワンステップ上の段階に登れたことを感じた瞬間でした。
まじめに泣いてしまいましたね。
確かこの時ツイッターでアンケート結果を呟いてしまったと覚えてます。

やりきれたことと同時に、「良かった」と言っていただいたことが次への活力につながります。
半分ご愛敬だったとしても僕にとってはうれしい結果でした。
高次脳機能障害は、自分のことを自分で説明できるようになることが、社会復帰への大きなポイントとなりうることを、さらなる実感として得ました。
今回の講演は、改めて自分の頭の中を整理する良いきっかけとなり、復職をスムーズにしてくれた最高のリハビリとなりました。

そしてさらにこの講演をきっかけに、2012年6月、とある大学の医療系学部で講演することとなりました。
未来の医療の担い手に講演する予定です。

※2012年11月8日slideshare掲載に修正


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
Copyright ⓒasayume001 高次脳機能障害とともに歩む. All Rights Reserved.