So-net無料ブログ作成

帰省をしてきました~受傷から6年が経ちました~ [高次脳_ふと感じたこと]

先週、お盆休みを使って実家に帰省をしてきました。

毎年、正月と盆は顔を出すようにしてるのですが、この時期の帰省は心がざわつきます。


 

なぜなら、僕は6年前のお盆帰省時に、実家で倒れたから。。。

 

でも不思議と6年という歳月がそのざわつきも軽減してくれて、疲れはしたものの楽しませてもらいました。

 


釣りをしたり(40cmのボラ釣りました)。

0001.jpg

 


ぶどう狩りに行ったり。

0002.jpg

 

花火をしたり。

0003.jpg

 

 




そして今日819日は、4日間の意識不明から蘇った、僕の2度目の誕生日だったりします。

 

眼が開いたかと思うと、すぐに眠りについて。

また眼が開いたかと思うと、また眠りについて。

家族の話によると、ドラマのようにハッと目覚めたわけではなく、徐々に目覚めたとのこと。

 

そして片言で話し始める。

 

「ここはだれ、私はどこ?」

 

そんなことを言ったかは定かではないですが、状況的にはそんな感じだったらしい。

その後、意識回復時の錯乱を起こしてしまい、鼻とか点滴とか尿管とか色々な管を自分で抜いて、ICUから脱走。

それを見た主治医が一言。

 

「とりあえず身体(運動器)には障害が残らなさそうだね」と。。。

 

 

 

あれから丸6年。

帰省の際に、久しぶりに救急搬送された病院を訪れました。

0004.jpg

 

リハ室。

0005.jpg

毎日、車椅子で行ってたんだよ。

泣けるなー。


 

不思議とここは、生まれ故郷みたいな感じがしてなりません。

退院する時は「2度とお世話になるもんか(笑)」なんて豪語していたのですが。

リハの先生にも会って、元気な姿を見せてきました。

当時、妻のお腹の中にいた5歳の娘も一緒に。

 


6年前、すべてはこのリハ室から、自分を取り戻すことをしてきました。



「初心忘るべからず」


帰省とはそもそも、そういう意味合いなのかもしれませんね。

そんなことを改めて感じた、受傷後6年の帰郷ではない帰省となりました。



共通テーマ:健康
Copyright ⓒasayume001 高次脳機能障害とともに歩む. All Rights Reserved.