So-net無料ブログ作成

体育会系 秋のイベント [日常のこと]

10月に入りました。

台風が来たり暑かったり涼しかったり、気候の変動が大きくて少し体が驚いております。

私もそうですが、知人も天候に左右されやすい方が多いんだよね。

この障害の特徴なのかな。

そんな秋真っ盛りの中、3人の子供たちの運動会が先月末より行われました。

僕が倒れた時は、まだ幼稚園児だった長男。

もう小学6年生です。
学級委員で運動会を取りまとめながら、今年もリレー選手に抜擢。
2人抜きをする快挙を成し遂げました。

 001.jpg



 

同じく僕が倒れた時は、幼稚園児だった長女は5年生。

運動会の行進曲でみんなを元気づけてくれました。
002.jpg 


 

そして、僕が倒れた時にお腹の中にいた次女。

早いもので、幼児園年長になりました。
ここの幼児園は超体育会系で、かけっこ、組み体操、ダンス、綱引き、チアリーディング、リレーと6種目実施。

004.jpg


組み体操も直立3段タワー。とても幼稚園生とは思えません。
005.jpg 


一番上が次女。

どんな小学生になることやら。。。


 

子供の成長は本当に早いですね。

毎日一緒に過ごしていると、以外に気づかないものです。

そのうえ、物理的に記憶が良くはないので、なおさら認識できなかったりします。


でも、こうやって年次の一大イベントや大舞台で、外から我が子の成長を見ると、不思議と成長を強く感じることができます。

これは普通の人でも同じだと思うけど、それがより顕著に感じられるのも障害特性なのかな。


まだらだけど、強い印象は、強く残るものです。


そんな感じで、今年の秋の体育会系イベントは無事に終了しました。



来年から長男は中学生。

そして次女は新一年生。

あと6年くらいは、運動会の場所取りと写真取りで、父親の威厳を保てそうです。


Copyright ⓒasayume001 高次脳機能障害とともに歩む. All Rights Reserved.