So-net無料ブログ作成
検索選択
高次脳_役立つ情報 ブログトップ

ジル・ボルト・テイラー博士の『奇跡の脳』 [高次脳_役立つ情報]

知っている方も多いと思いますが、インディアナ医科大学の神経解剖学者 Jill Bolte Taylor(ジル・ボルト テイラー)博士の『奇跡の脳』 。今月末に文庫本が発売されます。僕もすでに予約しました。

タイム誌の「2008年世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた世界的に尊敬されている方です。
彼女は、37歳の時に脳梗塞を発症し、左脳がほとんど失われた状態から、8年間を経て社会復帰しました。
実は本はまだ読んでないのですが、NHKの番組を恩師がわざわざDVDに落としていただき、それを見て知りました。病気は違えども、僕も同じ37歳での発症だったので、そこから8年かけて復帰された博士を尊敬してます。

このパワフルな博士の講演の様子、ぜひご覧ください(字幕あり)。


実は病後に、中村桂子さん(NHKの“奇跡の脳”で博士の聞き手をされていた生命科学者)の講演を聞いたことがあるのですが、その時に「ジルはすごい。自分の存在意義を病気をきっかけに180度変えて、人間の世界にとけこんでいる。」みたいなことを言っていたのを覚えてます。受傷の程度は異なるのですが、8年かけてここまで力強く語りきれるジル氏は、脳障害を得た当事者からすると一つの憧れ的存在です。
僕はまだ3.5年。ジルの力強いスピーチを見ていると、障害を得ても生きていく希望と勇気が持てます。

↓NHKで紹介されていた博士が作ったステンドグラス。病前作成していたものより明らかに色使いやコントラストが派手になったとのことです。僕も全く同じで、なぜだか派手な色が好きになってしまいました。不思議ですね。
teiler.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 
高次脳_役立つ情報 ブログトップ
Copyright ⓒasayume001 高次脳機能障害とともに歩む. All Rights Reserved.